ブログ

2015/10/27 

起業準備中に知っておきたい、賃貸オフィスの選び方。企業イメージや売り上げにも影響する「会社の住所」

会社を起業する際に、どこに登記するかというのは一番の悩みどころのひとつだと思います。事業拠点をどこに置くかということは、その起業の成功を左右する重要なポイントです。

個人経営の小さな会社だからどこでもいいや、と思うのは大きな間違い。住所というのは、実は企業にとって大切なステータスなのです。

では、いったい何を考えて、どのような場所に登記すれば上手くいくのか。

今回はそのヒントをいくつかお教えしたいと思います。

個人オフィスもどこでもいい訳じゃない! 住所は会社のステータス

住所というのは、その会社のステータス。第一印象に関わるものだと言って間違いないでしょう。そして、それは社会的信用にも影響を与えます。

例えばBtoBの企業を登記するとします。住所が丸の内のビル街だというのと、名前も聞いたことがないような田舎だというのでは印象はどう違うでしょう。

もしあなたが大企業との取引を考えている場合、信用調査などが入る場合もあります。その時に、住所が個人の自宅だとバレバレなものだと、それだけで取引を断られてしまうという場合もあるのです。

ネット通販や、飲食店などBtoC事業の場合は田舎でもさほどビジネスに影響を与えないとは思います。会社の顧客がどのような相手で、どういった場所に立地していれば信用が上がるか、というのを明確に想像する必要があります。

起業には賃貸オフィスが有効!

1
賃貸オフィスを借りるというのも一つの手です。

社長だけ、または少人数の会社向けに貸しているところがほとんどですので、会社の創業時には重宝するでしょう。

月額10万円ほどの狭い事務所を構えようとしても、一等地に借りると敷金や保証金などで最終的に100万円くらいかかってしまいます。賃貸オフィスは、月額数万円で港区や千代田区など社会的信用の高い場所で会社の登記をすることができるので、とても効率的です。

また、会議室を貸してくれるところもあるので、取引先を呼んでそこで打ち合わせをすることも可能です。取引先にとって、訪問スペースが無い、そもそも訪問ができないというのは不安でしかありません。

自宅で登記をすることも勿論できます。余計な経費をかけることなくビジネスを行うことができるので、創業時のお金の無い時期には良い手段と言えるでしょう。

しかし、ホームページなどで個人の住所が一般に知られてしまったりすると危険性は高まります。今後もこぢんまりと経営をしていくなら問題無いですが、もし企業をもっと大きくしたいとお考えの場合は、やはり賃貸オフィスを利用することをおすすめします。

誰が住んでる、何がある? 街の性格も大きなポイント

もし登記する会社がBtoCの事業だった場合、立地や街の性格も大いに関係してきます。

街には、オフィス街、商店街、住宅街、文教地区など様々な性格があります。もしあなたのお店が若い女の子向けの商品を取り扱っており、ターゲットが女子大生だった場合、そのお店がサラリーマンの多いオフィス街にあっても集客は望めないでしょう。

また、サラリーマン向けに、オフィス街に飲食店を構えたとします。平日のランチタイムは多く集客できるかもしれませんが、土日の集客は平日ほど望めないかもしれません。

開業しようとしている職種、商品やサービスの内容や値段が、その土地に暮らす人々のニーズにきちんとマッチしているか、あらかじめよく調査しておく必要があります。

川や坂で商圏は変わる!?

2
同じ街でも、道路や川などによって地域が分断されている場所も多くあります。この場合、街の性格や来店するお客さんは全く違ってきます。

学生向けの飲食店の経営を考えているとします。もしターゲットにする学校が川を挟んで向こう側にあった場合、こちら側に学生の利用頻度が高い駅でもない限り、集客はできないでしょう。

開業前に、その土地の地形もよく把握しておきましょう。大きな道路や坂があるだけでも商圏は大いに変わってきます。

成功を左右からこそ、住所はじっくり検討しよう

もし企業の登記を考えている場合、一番大切なことは、自らその土地に何度も足を運ぶことです。周りにどんな企業やお店があるか、住んでいる人はどんな人が多いのか、地形はどうなっているのか、よく把握しておく必要があります。

実際に店舗をオープンする際に、事前調査をよく行っていなかったせいで失敗をした、というケースもよくあります。また、名刺交換をした後に、まず最初に上がった話題が会社の所在地だった、ということもよくあるように、企業にとって住所は大事なステータスです。

場所のメリットやデメリットをよく考え、将来どんな企業に成長させていきたいか、きちんと見通しを立てて場所を選ぶことが大切です。時間をかけて多角的に検討しましょう。

企業イメージや売り上げに、知らないところで大きな影響を与えている住所。起業する際は、立地もよく考えてオフィスを選びたいですね。

ページの先頭へ