よくあるご質問

個人で貸事務所を借りる場合

近年では、フリーランス(個人事業主)やSOHOといったように働き方が多様化しつつあります。そんな中、開業する時にオフィスはどうするかということを考えなければなりません。
一般的なオフィスを利用の場合、やはり貸事務所が最も多いかと思われます。
また、貸事務所を借りる場合、敷金・礼金・保証金、内装費用が必要です。
貸事務所の初期費用には、立地にもよりますが、賃貸の数か月分必要な場合が多いです。都心部に近ければ近いほど高い傾向にあり、初期費用が100万を超えてしまうことも少なくありません。ただ、築年数が古いや、駅から遠いといった利便性が悪い場所となれば、初期費用を抑えた貸事務所あります。近頃はこういった事務所も増えてきています。どうしても事務所を構えたいという方にはそういう物件を借りることもできます。
また、一般的には個人でオフィスを借りる場合、収入が不安定なイメージが強い個人事業主やSOHOの審査が通りにくいといわれています。審査を通すためのポイントとしては、安定的に支払可能であることを証明しましょう。方法としては、納税地の税務署で発行の「所得税の納税証明書」、市町村の市役所で発行してもらえる「住民税の課税証明書」を提示する方法があります。また、開業したばかりで証明する書類がない場合、銀行通帳の写しを提示し、通帳残高を提示するとこで支払い能力があることを証明できます。
働き方の多様化している現代だからこそ、個人で貸事務所を使う方も少なくありません。中には個人事業主向けの小規模向け賃貸物件もあるので、賃貸でオフィス探しの時は、一度で何社も比較できる一度ご利用ください。

お役立ち情報

移転マニュアル

オフィス移転に必要な事項をまとめました。オフィスの移転をお考えの際に是非ご活用ください!

よくあるご質問

貸事務所・オフィス移転に関するよくあるご質問をご紹介します。

Green Site License

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

未来が変わる 日本が変える チャレンジ25
情報漏洩対策 情報対応万全

プライバシー対策も万全です

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専用問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ