よくあるご質問

オフィスなどの原状回復義務について

賃貸オフィスを移転するなど、今ある賃貸オフィスから出ていかないといけなくなった時には原状回復工事が必要になります。一般的な原状回復は、その物件を利用した人の過失によって発生した汚れなどを取り除く作業のことです。例えばつけてしまったシミをそのままにしたことでできた汚れは借りていた人が原状回復しないといけませんし、釘などを打って部屋を改造した場合はそれも取り除いて修復する必要があります。ただし賃貸オフィスの場合はやや住宅とは事情が違うのでご注意ください。賃貸オフィスの場合は基本的に全て取り除くような原状回復工事をする必要があります。賃貸オフィスはそこを利用する企業や業者によって使い方がバラバラであり、全て元の状態に戻しておく必要があるからです。このために賃貸オフィスの原状回復義務については、住宅物件のように借主の過失によってできたものだけではなく、全てに手を加えないといけません。色々と境界線があり、貸主とトラブルになりやすい住宅の原状回復と違って非常に分かりやすいかもしれませんが、全て原状回復しないということで作業がかなり大掛かりになる場合があります。そうなるともちろん業者に頼まないといけません。原状回復をする際にはちゃんと業者におまかせしましょう。

お役立ち情報

移転マニュアル

オフィス移転に必要な事項をまとめました。オフィスの移転をお考えの際に是非ご活用ください!

よくあるご質問

貸事務所・オフィス移転に関するよくあるご質問をご紹介します。

Green Site License

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

未来が変わる 日本が変える チャレンジ25
情報漏洩対策 情報対応万全

プライバシー対策も万全です

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専用問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ