よくあるご質問

賃貸オフィスも原状回復を忘れずに

原状回復と言いますと、賃貸住宅での原状回復を思い浮かべるかもしれません。確かに、賃貸住宅でも原状回復は必要ですし、何かとトラブルが発生しやすいことでも有名です。しかし賃貸オフィスも原状回復は必要ですので、そのことを忘れてはいけません。意外と賃貸オフィスの原状回復について知らないという方は多いため、事前に知識を身に着けておくのがよろしいでしょう。

賃貸オフィスにおける原状回復の一番の注意点は、原状回復の負担の範囲です。賃貸住宅の場合には、借主の負担となるのは過失や故意によってついた傷や汚れが対称になります。しかし賃貸オフィスの場合、過失や故意にかかわらず、原状回復の費用はすべて負担しなければいけません。なぜなら、賃貸オフィスの場合はその場所がどのように使われるのか予想できないからです。大した内装工事を行わない場合もあれば、間仕切りを大量に設けたりなど、使いみちは様々なのです。ただし、マンションオフィスの場合はそのようなことがなく、賃貸住宅の場合とほぼ同様の認識で構いません。
また、契約期間修了までに、退去と原状回復を全て行わなければいけません。もしも完了できなかった場合には、余分に賃料を支払う事になってしまうため注意が必要です。一方で賃貸住宅の場合には、契約期間修了までに退去していれば問題ありません。

このような違いがあることはよく覚えておきましょう。当サイトは賃貸オフィスを探すのに役立つサイトとなっていますが、本格的に探し始める前に、なるべく賃貸オフィスについて学んでおきましょう。

お役立ち情報

移転マニュアル

オフィス移転に必要な事項をまとめました。オフィスの移転をお考えの際に是非ご活用ください!

よくあるご質問

貸事務所・オフィス移転に関するよくあるご質問をご紹介します。

Green Site License

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

未来が変わる 日本が変える チャレンジ25
情報漏洩対策 情報対応万全

プライバシー対策も万全です

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専用問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ