移転マニュアル

工事区分とは?

賃貸オフィスを選ぶ際、場所や広さ、賃料など様々な悩みがあると思います。気に入ったオフィスビルがあり、賃貸契約を締結し、移動に向け内装の入居工事の打ち合わせをしていると、工事区分というものが出てきます。工事区分にはA工事、B工事、C工事の3つの区分があります。
A工事はオーナが指定した区分をオーナーの費用で施工する工事のことで、ビルの躯体、共有部内装、照明や回線、防火設備など賃貸オフィスとして標準的に備えている必要があるものが該当します。
B工事はテナントの費用で、オーナーが指定した業者が施工する工事で、テナントの希望でビルの標準仕様を変更を加える工事で、主に躯体や建物の付属する設備に手を加える工事などが当てはまります。
C工事はテナントの負担で、テナントが指定した業者が施工する工事のことで、貸室内の標準設備の変更を行わない工事です。内装の一部変更や貸室内の配線変更、間仕切り設置などの施工が該当します。
専用室内だからと自由に工事ができるわけではありません。A工事、B工事に定められているものはビルの安全性に関わります。工事区分はビルによって異なるので、事前にしっかりと確認しておくことでトラブルを防げるでしょう。

お役立ち情報

移転マニュアル

オフィス移転に必要な事項をまとめました。オフィスの移転をお考えの際に是非ご活用ください!

よくあるご質問

貸事務所・オフィス移転に関するよくあるご質問をご紹介します。

Green Site License

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

未来が変わる 日本が変える チャレンジ25
情報漏洩対策 情報対応万全

プライバシー対策も万全です

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専用問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ