移転マニュアル

賃貸オフィスの解約方法について

貸事務所の移転が決まり、物件オーナーに対し撤去する意思を申告する場合、契約解除の意思表示(解約予告)を出す必要があります。
解約予告とは、物件オーナーあるいは管理会社に事前に賃貸オフィスの退去を通知することを言います。一般的には、解約希望日から6か月前に解約予告を出します。また、解約に要する期間を「解約予告期間」といい、契約内容によって期間が異なることもあります。もしも月途中での解約をした場合、月毎の期間契約になっていることもあります。
また、定期借家契約やフリーレント期間の契約をしている場合、解約予告の期間とは別に解約に違約金が発生するケースがあります。その他、期間内の賃料を違約金として支払うことによって、解約予告なしで即時解約できる場合もあるため、賃貸借契約書で内容の確認をする必要があります。
万が一契約書上における通知期間を過ぎた場合、事前に退去していたとしても、解約の意思表示をしたときから期間満了までは支払い義務があります。なるべく費用を抑えたいという場合には、新規オフィスの契約開始などのスケジュールを計画的に進めていく準備が大事になります。
最適なオフィスをお探しなら、日本最大級の物件数を誇る当サイトをご利用ください。条件が細かく設定可能で希望に沿った賃貸オフィスが見つかるはずです。

お役立ち情報

移転マニュアル

オフィス移転に必要な事項をまとめました。オフィスの移転をお考えの際に是非ご活用ください!

よくあるご質問

貸事務所・オフィス移転に関するよくあるご質問をご紹介します。

Green Site License

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

未来が変わる 日本が変える チャレンジ25
情報漏洩対策 情報対応万全

プライバシー対策も万全です

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専用問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ