移転マニュアル

電気設備の確認をしましょう

オフィスの引越し先が決まれば、作業デスク、OA機器の場所など、具体的な配置レイアウト計画に入りましょう。ここで注意しなければならないのが「コンセント」の位置と数、そして電気容量です。オフィスではパソコン、コピー機、プリンターなど様々な電気製品を扱いますので、コンセントが十分あるかないかが大変重要になってきます。レイアウトした図面を見ながら、「ここには何個コンセント口が必要」「ここはコンセントが隠れてしまうから配置を少しずらそう」という検討をしましょう。また、延長コンセントやコンセントタップの多用は、電圧を不安定にしたり火災の原因にもなるので、最小限に留めるようにしましょう。そして、もしコンセント口が足らないということであれば、引越し前にコンセント増設を依頼します。また、どれだけの電気機器を使うかによって使用電力量も変わってくるので、消費電力が多いようであれば分電盤に電気容量を増設しなければなりません。スイッチの位置もレイアウトによっては移設・増設の必要が出てくるでしょう。このように、配置レイアウトと同時に必要となる電気工事を事前に洗い出しておき、余裕を持って事前に工事依頼をしておくことが大切です。工事自体は一般に1ヶ月もあれば十分だと思われますので、引越しの2ヶ月前には電気設備の確認をしておきましょう。

お役立ち情報

移転マニュアル

オフィス移転に必要な事項をまとめました。オフィスの移転をお考えの際に是非ご活用ください!

よくあるご質問

貸事務所・オフィス移転に関するよくあるご質問をご紹介します。

Green Site License

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

未来が変わる 日本が変える チャレンジ25
情報漏洩対策 情報対応万全

プライバシー対策も万全です

個人情報に関しては厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適用される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専用問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ